おもてなしで作りたい!鴨肉の塩蒸し ~マーマレードソース添え~

おもてなし

こんにちは。

卓越キッチンです。

 

今回は、おもてなしをしたい時に映える料理をご紹介!

ということで、鴨肉を使ったメイン料理を作っていきたいと思います。

私が銀座で作っていたレシピなので、是非お試しいただきたいです!

 

鴨肉は、冷凍でスーパーに売っていることもありますが、なかなか仕入れが難しいと思いますが、今回は、ご近所さんのご紹介で、一般小売りも始められた、東京淡路町にあります、若松屋商店様にて、お肉を仕入れさせていただきました!

 

どれもとても美味しく、コスパ最高です!

宅配便で発送してくれるので手間もかからないので、リピート確定です。

皆様も是非お問い合わせください!

 

 

 

スポンサーリンク

◆鴨肉のロースト&塩蒸し 銀座秘伝のレシピ

 

まず先に本レシピのポイントから

鴨は、塩で蒸し、塩味をじっくりつける

 

鴨肉には、しっかりと塩味を効かせ、ソースはマーマレードとバルサミコ酢ベースの甘酸っぱいソースで仕上げる。

下の中で塩分と甘みがマリアージュして、何とも言えない美味しさが口の中いっぱいに漂います。

 

調理工程はいたって簡単です。

 

マーマレードソース

・マーマレードジャム大さじ2

・バルサミコ酢 60cc

・赤ワイン 20cc

・砂糖 大さじ1

・醤油 大さじ1

 

 

①鴨肉の脂面に隠し包丁を入れます。

縦に4~5本くらい隠し包丁を入れます。

 

②蒸し器を準備し、沸騰させておきましょう。

※蒸し器が無い場合は、フライパンで水を沸騰させ、ざるを逆さに置いてその上にバットに乗せたお肉を乗せて、アルミホイルで全体を包めば蒸すことが出来ます。

 

③フライパンを熱し、鴨肉の脂面を下にして強火で焼き、脂が出てきたら返して両面焼き目をつけます。

鴨から大量の脂が出ますので、それはボールに取っておきましょう。

 

④焼き目を付けたら、切り込みを入れた脂面の方に塩を大さじ3ほどかけて馴染ませ、アルミホイルで包み込むように(写真のように)蒸し器で10分蒸していきます。

10分経過したら竹串をお肉の中央まで刺して、唇の下の部分で熱が入っているか確認します。暖かく感じればOKです!

 

⑤蒸し終わった鴨肉は、塩を丁寧にキッチンペーパーで拭き取って、休ませておきます。

 

⑥マーマレードソースの分量を量り、弱火でじっくり煮詰めていきます。

・マーマレードジャム大さじ2

・バルサミコ酢 60cc

・赤ワイン 20cc

・砂糖 大さじ1

・醤油 大さじ1

 

⑦盛り付けて完成です!

 

コース料理のように小分けに盛り付ける場合

カットして、③の工程でボールに取っておいた鴨脂でサッと火を通して盛り付けましょう。

 

 

パーティー盛りをするとき

 

いかがでしたでしょうか?

 

お客さんに振る舞えば、絶対料理上手と思われます。

赤ワインとの相性も最高なので、おもてなし料理として作ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました