家にある食材で出汁を取って作る ~創作冷やしラーメン~

休日のパパご飯

こんにちは。

卓越キッチンです。

 

現在2021年4月29日

2年連続の自粛GWとなりました…

 

実家への帰省もキャンセルし、家族でご自宅で過ごされている方も多いかと思います。そんな時間に余裕がある時に作りたい、創作ラーメンレシピをご紹介していきます。

 

本日もよろしくお願いします~

 

 

スポンサーリンク

◆自家製出汁で作る冷やしラーメン 調理時間40分

 

いわゆるブシ系と言われる醬油ベースのスープをご紹介していきます。

今回は、自宅に余っていた食材で作っていますので、トッピングに使うお野菜は、皆様のお好みでチョイスしてください。

 

麺は市販の生麺を使用します。

これもお好みで良いです。私は太麺派なので、太麺で作りました。

1玉80円とコスパ良しです!

 

 

 

●自家製出汁の作り方

 

出汁に使う食材はコチラ

・鶏むね 100グラムから150グラム

・ネギの頭の部分 適量

・かつお節

※2人前で分量紹介していきます。

 

調味料

・鶏ガラスープの素(創味シャンタン) 大さじ2

・醤油 大さじ2

・みりん 大さじ1

・オイスターソース 大さじ1

・砂糖 小さじ1

・にんにくチューブ 小さじ1

・麺つゆ(3倍濃縮) 大さじ1

・塩 塩分調整用に

 

①700ccのお水に鶏むねとネギ頭を入れて火にかけます。

沸騰したらアクを取り、弱火にして15分じっくり煮だしていきます。

 

②15分後 ネギと鶏むねを取り出し、鶏むね肉はスライスしてごま油大さじ1と麺つゆ大さじ2で和えてトッピングに使用します。

 

 

 

③次に鶏むねで取った出汁にかつお節を2掴み入れてかつお節が沈むまで置き、その後沸騰直前まで弱火でじっくり煮だします。

 

④別の鍋を用意してかつお節を濾し、調味料を入れてスープを作っていきます。

 

調味料を入れたら一度一煮立ちさせましょう。

味見をしながら薄ければ塩で調整してください。

 

かつお節と鶏がらスープの素が合わさると、いわゆるブシ系の出汁が完成です!

鶏むねで作るとサッパリ!

豚バラで作るとコクのあるスープに仕上がります。

 

出汁が完成したらボールに移し、冷凍庫で急冷しましょう。だいたい15分くらいで粗熱が取れるので、その後冷蔵庫で冷やしておきます。

 

 

 

●トッピング具材の準備

 

冷蔵庫に余っていたのは、

・きゅうり

・白ネギ

・カニカマ

・卵

の4つ

 

先ほど出汁に使用した鶏むねと合わせて5種類のトッピングを準備していきます。

その他、カイワレやもやしなどお好みでご準備ください。

 

①卵は、沸騰したお湯に7分弱火で火をかけ、殻を向いて麺つゆ大さじ2と水大さじ1でポリ袋で味入れ玉子にします。

 

②きゅうりと白ネギ、カニカマは千切りにします。白ネギは、縦に包丁を半分入れて手で外側の部分だけを千切りにしていきます。いわゆる白髪ねぎですね。

 

 

 

●盛り付け

 

スープも冷めて、トッピング具材の準備も出来たら、麺に書いてる分数で茹でましょう。茹で上がったら水でしっかり急冷して盛り付けます。

(熱盛で作る場合は、コチラのレシピも参考にしてください)

 

 

 

中央に甜面醤を少々。

スープを入れて完成です!

 

 

時間は少々かかりますが、じっくり出汁を取って作る手作りすると達成感が出ます。子供も喜ぶメニューなので、休日のパパご飯としてもいかがでしょうか?

 

 

卓越キッチン

タイトルとURLをコピーしました