レア目に仕上げるジューシーローストビーフ バルサミコソース

おもてなし

こんにちは。

卓越キッチンです。

 

 

今回は、絶対失敗しないローストビーフをご紹介していきます。

フレンチコースの記事の中でご紹介している副菜も一緒に作っていただけると、おもてなし料理になりますよ。

 

 

本日もよろしくお願いします。

 

 

 

スポンサーリンク

◆レア目でジューシーなローストビーフ

 

食材はコチラ

・牛モモ肉(ローストビーフ用)
※1人前150gで計算すると良いと思います。

・にんにく 2かけ

 

バルサミコソース

・バルサミコ酢 大さじ3

・赤ワイン(無ければ料理酒で可)大さじ1

・醤油 大さじ1~1.5

・砂糖 大さじ2

・にんにくチューブ 小さじ1

 

 

●お肉の仕込みから焼き上げまで

 

ローストビーフの失敗の多くは、火を入れすぎて固くなってしまった。ということが多いのではないでしょうか?

スーパーで買ったお肉でレア目に食べて大丈夫??

という心配から火を入れないとと思ってしまいますよね。

 

牛肉は、お肉の表面に菌が付着しています。なので、表面をしっかり焼けば、中がレアでも問題ありません。

 

ポイントは、大きく2つ

①お肉は、冷蔵庫から取り出し、30分放置してお肉の温度を常温に戻す
②強火で表面を焼き上げて、余熱で火をじっくり通す
この2点だけ守れば、ジューシーでレアなローストビーフを作ることができます。
それでは、焼いていきましょう。
①まずは、お肉に塩・ブラックペッパーを振り常温に戻した後、キッチンペーパーで血を拭き取ります。
※お肉を常温に戻している間に、にんにくをスライスしておきましょう。

 

フォークで両面に穴をあけていきます。

 

 

②にんにくチップを作って、お肉を焼いていきます。

まずフライパンにオリーブオイルを大さじ2ほど入れて、にんにくスライスを入れ、その後火をかけます。

※オリーブオイルを熱してからにんにくを入れると、焦げてしまうので、火にかけるまえににんにくを入れるようにご注意ください。

 

うっすら茶色くなってきたら、取り上げます。

オリーブオイルに、にんにくの香りがついているので、そのままお肉を焼いていきます。

 

全ての面を強火で焼いていきます。各面1分ずつほど焼くと写真のような焼き具合になります。

 

 

③フライパンを火から外して、蓋をして10分余熱で火を入れます。

 

その後アルミホイルで包んでさらに20分余熱で火を入れます。

 

30分後の焼き上がりは、このような断面になります。

中は、しっとりと、外はしっかりと焼き目が入っていますね。

お肉を切る時は、包丁でお肉を押し付けないように、包丁全体を作って一気に引いて切るようにするとキレイに切れます。

 

包丁の根元をあてて、刃先に向けて一気に引きます。この時包丁を上から押さないように注意ください。

 

 

盛り付けて完成です。

 

 

④バルサミコソースを作る

 

バルサミコソース

・バルサミコ酢 大さじ3

・赤ワイン(無ければ料理酒で可)大さじ1

・醤油 大さじ1~1.5

・砂糖 大さじ2

・にんにくチューブ 小さじ1

 

上記調味料を入れて、弱火でじっくりアルコールを飛ばして、味を見ながら調整してください。

 

 

 

赤ワインが非常に良く合いますね。

 

いかがでしたでしょうか?

 

バルサミコ酢のさっぱりとしながらもコクのあるソースとお肉が絶妙にマッチして自宅でも外食気分が味わえます。

 

2つのポイントを守って、是非作ってみてください。

 

 

卓越キッチン

タイトルとURLをコピーしました