手作り生パスタ ~休日のパパご飯~

休日のパパご飯

こんにちは。
休日のパパご飯シリーズ第2回は、手作り生パスタ!
家族みんなで楽しみながら作るのはいかがでしょうか?

 

パスタマシーンは不要
自宅の調理器具で作れます!

 

今回は、ご近所のパパ友から
「生パスタ作るけど食べる?」とお声がけいただき、

えっ!

生パスタ!

生パスタ作るなんて素敵!

生麺好きの私は、食い気味で「是非是非!食べたいです!」と返答。

 

私は、そばやうどんを打ったことは数多くありますが、

そういえばパスタを生地から作ったことないなと思い、取材を依頼。

その様子をレポートさせていただいたので、

本編は隣のパパご飯ということでご紹介していきます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

もちもち食感がたまらない。手作り生パスタ

工程は、以下の通り

①生地をこねる

②生地を30分寝かす

③パスタソースを準備する

④生地を伸ばす

⑤製麺

⑥パスタを茹でる&ソースと和える

⑦完成!

 

生地をこねる

パスタ生地の材料は、小麦粉

以上!

ご家庭に必ずあるこの2つの材料だけで、もっちもちの生パスタが作れちゃうんです!
これは、是非覚えておきたいところですね!

 

まずは、計量していきます。

小麦粉100gに対して卵1個

覚えやすいですね。

 

今回は、200g作るとのことで、小麦粉200gに卵2個

フォークで卵と小麦粉を混ぜ合わせていきます。

全体に卵が小麦粉になじんできたらダマができてくるので、
そこから手で丸めて、こねる工程へ入っていきます。

キッチン台に小麦粉をまぶして

グイっグイっグイっと力強くこねていきます。

こんな感じで全体がしっとりしてきたら完成。

ラップをして冷蔵庫で30分ほど生地を寝かせます。

 

パスタソースは、

奥様がポルチーニ茸やマッシュルームといった4種のキノコクリームソースをご準備いただいていたので、30分待機。

この良い香りのクリームソースを横目に30分は、辛い勝負になりそうだぜ。

 

 

っと、勝負開始1分でパパ友がおもむろに冷蔵庫を開けて、

 

 

パパ友:「これが30分寝かし終えたやつ」

 

 

私:「えっ?ん?

 

 

パパ友:「事前に仕込んでおいたんだよ~」

 

 

私:「いや、料理番組みたいなってますやん。笑。準備良すぎ!」

生パスタ手作りするという段階で素敵!
ってなってるのに、私の取材を見越した事前準備!

 

神!

 

 

寝かした生地はこんな感じ。
写真ではわかりづらいですが、全体が黄色がかって感触がしっとりした生地になっていました。

 

 

生地を伸ばしていく

パスタ完成まであとちょっと。
生地を伸ばしていきます。

100均に伸ばし棒は、売ってるので準備しておきましょう。

伸ばす工程は、根気のいる作業ですが丸い生地をまずは、手で伸ばしていきましょう。

ある程度伸びてきたら棒を使って、伸ばしていきます。

パスタ生地は破れにくいので、力いっぱい押し伸ばしていって問題ないです。

生地を伸ばす、打ち粉をするの順番でじっくり伸ばしていきましょう。

完成の目安は、

生地を持った時に、

生地の下から自分の手が透けて見えるくらい伸ばせれば完成です!

あとは、製麺して生パスタの完成です!

 

製麺していく

今回は、フェットチーネ。

いわゆる平麺(5㎜~10㎜)ですね。

クリームソースやボロネーゼなどが良く合う、生パスタの食感を味わうのにもってこいの形状です。

 

伸ばした生地をお布団をたたむように、重ね合わせていきます。

 

包丁でカットしていきます。

色々な食感を味わうために、今回は、2種類の太さに切り分けてみました。

これで生パスタの完成!
あとは、茹でてソースと和えて完成です。

 

 

生パスタを茹でていく

たっぷりのお湯に、塩を5グラムほど入れ、オリーブオイルを回し入れます。

ぐつぐつと沸騰してきたら、麺を茹でていきます。

目安は、4分40秒くらいがベストでした!

4分くらいで一度茹で具合を食感で確認してみると確実です。

生パスタが踊っております。
見ているだけで、もっちもち食感が伝わってきます。
ツヤが出ていて、なんとも美味しそう!!!

 

ざるに開けて、お湯を切ったら盛り付けて完成ー

 

ポルチーニ茸の良い香り

マッシュルームやエリンギの食感

もっちもちパスタの食感が絶妙にマッチしてもう最高!

白ワインと一緒にご馳走になりました。

パスタソースは、先ほどもご紹介した通り、クリーム系が個人的におススメです。
自分好みのクリーム系を選んで是非挑戦してみてください!

 

 

 

私は、和食を中心にこれまで料理を学んできたので、

私にとって手作り生パスタを作る機会は、貴重な経験でした。

子供と一緒にこねたり、伸ばしたり出来ると思うので、

休日の家族イベントの一つに加えてみるのも良いですね♪

 

 

卓越キッチン

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました