鯵の蒲焼丼 簡単!10分レシピ

ご飯もの(rice)

こんにちは。

卓越キッチンです。

 

 

今回ご紹介するのは、鯵!を鰻のように蒲焼にして簡単どんぶりをご紹介していきます。副菜もご紹介しますので、今回もよろしくお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク

◆簡単!10分で出来る鯵の蒲焼丼

食材は、シンプルに鯵だけ!

1人前1尾の計算で準備しましょう。

蒲焼のタレ

・ざらめ(砂糖でも可)大さじ2

・酒 大さじ2

・醤油 大さじ2.5

 

●鯵の蒲焼 調理工程

 

①鯵は3枚におろします。

スーパーの鮮魚コーナーでお店にやってもらいましょう。その際、注文方法は、「アジを3枚におろして、ゼンゴ部分も取り除いてください」こう注文すると、下記のようにパック詰めしてくれます。

自宅でおろすと生ごみ出ますしね。

※ゼンゴとは、尾びれ付近の皮目についている固い部分

 

 

②塩を軽く振って水分をキッチンペーパーで拭き取り、片栗粉を薄くまぶしましょう。

 

③フライパンにサラダ油を大さじ1ほど引いて両面焼いていきます。

中火でゆっくり焼いていきましょう。皮目を下にして、身が白くなってきたらひっくり返して両面火を通します。

 

④蒲焼のタレを絡めます。

ざらめ→酒→醤油の順番でフライパンに直接入れてしまって大丈夫です。全体にタレが絡んだら、アルミホイルの上にあげておきましょう。

 

⑤オーブントースターでタレをつけながら仕上げ焼きしていきます。

フライパンに余ったタレを容器へ移します。

オーブントースターに入れて上火で焼いていきます。

 

鰻屋みたいな気分で焼いてください。

ジュワーっとタレの焦げる香りがなんとも言えません。身を焦がさないように仕上げてください。

 

⑤ご飯に乗せて完成です。

シンプルな盛り付けですが、お好みでわさびを入れて出汁をかけてひつまぶしのように食べてもらっても大変美味です。

 

ちなみに全体のメニューはこんな感じで用意しました。

・里芋の炊いたん

・かつおのたたき

・田楽大根

・厚揚げ

 

里芋は、皮を向いてかつお出汁、しょうゆ、みりんでシンプルに味を整えて芋が柔らかくなるまで焼く12分くらい炊きました。

大根も水と酒少々で柔らかくなるまで炊いて、麺つゆかだし醤油を入れて一度冷まして、市販の田楽味噌をかけて、柚子をアクセントに使いました。

かつおのたたきは、スーパーのものを切っただけです。

 

今回鯵の蒲焼を紹介しましたが、3枚おろしの秋刀魚でも美味しいと思います。蒲焼というスタイルを汎用的に使ってみてくださいね。

 

 

卓越キッチン

タイトルとURLをコピーしました