鶏と筍のオイスターソース炒め&ほうれん草のツナ和え

30分晩ご飯レシピ

こんにちは。

卓越キッチンです。

 

旬のタケノコを使ったオイスターソース炒めと副菜の2品をご紹介していきます。

・切って炒めるだけ

・ボイルして和えるだけ

の簡単レシピです。

 

初心者でも美味しく作れるので、是非試してみてください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

◆鶏ももとタケノコのオイスターソース炒め

 

食材はコチラ ※大人2人前

・鶏もも肉 1枚

・タケノコ水煮 100gほど(1パック)

・ピーマン 3個~4個(お好みで)

 

調味料はコチラ

・鶏ガラスープの素 小さじ1

・甜面醤 小さじ1

・にんにくチューブ 少々

・オイスターソース 大さじ1

・料理酒 大さじ1

・水 大さじ2

・ごま油 大さじ1

・塩

 

●下ごしらえ

タケノコの水煮とピーマンは千切りに

鶏ももは、写真のように細かく切り分けておきましょう。

 

 

ピーマンは、半分にカットして種を取り、千切りに

タケノコの水煮は、食べやすい大きさにスライスして、千切りにしていきましょう。

 

鶏ももは、軽く塩を振って下味をつけておきましょう。

 

●炒める

 

フライパンにごま油(大さじ1)を入れて火にかけます。

ある程度フライパンが温まれば、鶏もも肉を入れていきます。

 

 

このタイミングで鶏ももには、しっかりと火を入れておくことがポイントです!

 

 

次に、タケノコとピーマンを入れて炒め合わせていきます。

 

上記に記載してある分量の調味料(水、甜面醤、鶏ガラスープの素、料理酒、にんにくチューブ)を入れて味入れしていきましょう。

 

最後にオイスターソースを回しかけ、炒めれば完成です!

 

 

このような感じで盛り付けて完成です。

辛いのが好きな方は、最後にラー油を回しかけても美味しいですし、豚肉や牛肉を使ってももちろん美味しく出来るので、自宅にあるお肉を使って作ってみてくださいね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

◆ほうれん草のツナ和え(副菜)

 

食材はコチラ

・ほうれん草 一袋

・ツナ缶

 

調味料

・いりごま

・塩

・ガーリックパウダー

・ブラックペッパー

 

●下ごしらえ

 

ほうれん草を下茹でしていきます。

まず、ほうれん草は茎の部分と葉の部分を写真のように分けます。

 

沸騰したお湯に、

◆茎 30秒~35秒

◆葉 15秒

茹で終わったらすぐに冷水で急冷してください。

熱いまま放置するとほうれん草の緑色が失われ黒ずむので必ず急冷してください。

 

茹で時間は、箸で固さを確認しながら進めると良いのですが、上記の時間を目安にしてください。

(和食の世界でもボイルは、下ごしらえの中でも難しい工程になります)

 

急冷したほうれん草は、しっかりと絞って水を切っておきましょう。

 

●和える

ボイルしたほうれん草を食べやすい大きさに切り分けてボールへ移します。

根の部分も食べることが出来ますが、気になる方は、捨ててしまっても問題ありません。

 

ツナ缶(汁ごと全部)、塩、ガーリックパウダー、ブラックペッパー、いりごまをお好みで振り、混ぜ合わせれば完成です。

 

 

 

とっても簡単なのに、存在感ある味に仕上がります。

ほうれん草は、シャキシャキする食感に仕上がっているか確認してください。

シャキシャキ感が無い場合は、茹ですぎが考えられます。食感はこの料理の命なので、上記茹で時間を超えないように調理するようにしてください。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

30分もあれば、この2品は作っていけると思います。

 

是非試してみてくださいね。

 

 

 

卓越キッチン

 

タイトルとURLをコピーしました