余り食材使い切り!~レモン照り焼きソースとコーンクリームスープ~

余り食材使い切り

こんにちは。

 

 

卓越キッチンです。

 

 

自宅にありそうな食材で簡単に作ることが出来るレパートリーをご紹介していきます。洋皿に盛り合わせることで、自宅でテーブルマナーを学ぶきっかけにも良いですね。

 

 

 

スポンサーリンク

鶏もものレモン照り焼きソースがけ

食材

・鶏もも肉(1人あたり150g)

・ホウレンソウや小松菜といった青菜

・じゃがいも、さつまいもでも可

・ミニトマト(パプリカなどでも代用可)

・レモン

 

調味料

①料理酒

②砂糖

③醤油

上記を1:1:1でOK!

鶏ももを焼いたあとの熱いフライパンでソースを作っていくので、①~③の順番で調味料を入れていきましょう。醤油から入れると焦げる可能性があるので要注意です。

 

 

調理工程

①鶏ももを適当な大きさに切り分けて、塩を振って水分を拭き取ります。

切り分ける際のポイントは、全体を同じ厚みに揃えるように切り込みを入れていくと火の入りが均等になって美味しく焼きあがります。

 

②盛り付け用の野菜を切りそろえておきます。

ホウレンソウは、葉と茎の部分を2等分します。

ミニトマトは、半分に

じゃがいもは、適当に大きさに切り分けていつものレンジクッカーで5分(600W)

 

②鶏もも肉を焼いていきます。

鶏ももを美味しく焼くコツは、皮目を下にしてひっくり返さずに蒸し焼きにすることです!皮目パリっ!身はふっくら焼き上げることができます。
フライパンにサラダ油を少量入れ、温めます。
・まずは、強火で1分皮目を焼きます
・弱火にして蓋をして10分
これだけです!
一度も返さずにキレイに焼き上げることが出来るので、是非試してみてくださいね。
③焼きあがったらお皿に盛り付けて、同じフライパンに上記調味料とレモンの輪切りを入れます。
味見をしながら薄ければ醤油、濃ければ料理酒、しょっぱい時はお砂糖といった具合に、自分好みに調整していきましょう。
ホウレンソウは最後に余ったタレと絡めて火を入れて盛り付けましょう。
葉物野菜は、先に炒めて盛り付けておくと、熱によって鮮やかな緑色が失われていくので、なるべく食べる直前に火を入れて盛り付けましょう。
完成です。
レモンのさっぱりとした酸味と照り焼きソースのコクが絶妙で自宅にある食材で贅沢な一品に仕上げることが出来ますよ。盛り付けの野菜は、青、赤、黄色など3色くらいを準備できれば今回ご紹介した野菜に固執することはありません。
自宅に余っている野菜を使って色で盛り付け野菜を決めていければOKです。
スポンサーリンク

簡単コーンクリームスープ

食材

・玉ねぎ

・コーン

・パセリ(無くてもOK)

調味料

・コンソメ

・牛乳

・塩

・ホワイトペッパー

 

①水200㏄に千切りにした玉ねぎを1個入れて10分火にかけます。

②コンソメ(固形なら1個)、牛乳300cc、コーンを入れて、最後に塩とホワイトペッパーで味を整えます。
③盛り付けて完成ー
ビシソワーズを作りたい方は、こちらをチェックしてくださいね。
いかがでしたでしょうか?
30分もあれば作れてしまう簡単で豪華に見えるレパートリー
白い洋皿も揃えておくと見栄えしますね。
卓越キッチン

タイトルとURLをコピーしました